cheeky☆life

やりたいこと

d0047487_2522336.jpgもうすぐ大学生活も終わる。寂しいなー。そして嫌だな、社会人…いや、働かなければいけないのは分かってる。きっと仕事を通じて経験したことがその後活きたり、自分を成長させることになったり、社会の荒波にもまれて学ぶことは多い、かと。社会的なルールやマナー、人との付き合い方。そして何より自分で稼がな、とも思うし。やりたいことがあるなら、自力でどうにかできるようにならねば。

でも仕事=やりたいこと、自分の学んだことの延長 ではないなー。だからって大学生活が無駄だったとは思わないけど、ちょっともったいなくはあるかも。でも今現在したいことがはっきり分からないから、それなら実家から通えて、お金も貯められるものならいいのかも、と思った。妥協はしてると思う… でもやりたいことが見つかるまで、とりあえず腰掛け的な、でもお金が着実に貯まる仕事で、いつか何かやりたいと思った時に自分で投資できるように。

今までの将来の夢
*保育園 : 服屋さん、ケーキ屋さん 何だって○○屋さんなんだ・・・きっと自分が好きなものを毎日見れる、食べれる、持てると思ってたんだろうなー。

*小学校 低学年 : 水族館の飼育員 魚が好きだった。いや、食べるんじゃなくて、眺めるのがね。この頃水族館によく連れてってもらって、お土産にちっちゃい魚の本買ってもらって。夏休みの自由課題に使うって言って、魚の図鑑も買ってもらったけか。毎日眺めて、一生懸命名前とか覚えてたなー。眺めてるだけで楽しかった。今でもけっこう。それも淡水魚には興味なくて、もっぱら海水魚。

*小学校 高学年 : クジラの水中カメラマン この頃とにかくクジラが大好きだった。何がきっかけか全然覚えてないけど、クジラの写真集や、本、今でもたくさんとってある。たいていの種類は見ただけですぐ言えたね。名前。母が作ってくれたザブトンの図柄もクジラだったなー。図工で作ったセロハンテープのケースもクジラ。版画の絵もクジラ。よく絵も描いてた。でも単純なもんで、自分泳げない→溺れたら死ぬ→じゃ、違うことで。 スイミングくらい行って泳ぎ習えよ、当時の自分…

*中学校 2年~高校 : 英語の通訳 この夢が一番長期に渡って持ってた。英語は小6から好きで習ってた。とにかく英語が好きで、好きこそものの上手なれで、いつも英語ばっか勉強してた。そのおかげで、数学や理科が… 中2で初めて海外に行った。アメリカで一ヶ月間ホームステイしながら学校に行った。中3、職場体験で市役所の秘書国際課という部署へ行き、海外からの訪問者を接待した。高1、姉妹都市だったデンバーへ派遣された。高2になる前、1年の長期交換留学でオーストラリアへ行き、現地の高校で勉強した。高2、スピーチコンテストに出場、再度オーストラリアへ行った。

*大学 : 不明 3年、イギリスへ9ヶ月交換留学 イギリスはずっと行きたかった国。英語の生まれた地。でも行く時点で、自分の将来の夢はなかった。分からなかった。それを探しに行った。でも結局分からなかった。そして現在に至る。


書いてたら自分の歴史になっちゃったよ。ちょっと面白かった。いや、人には興味ないかもやけども… やっぱり英語かな、自分の生きる道があるのは。
自分のしたいことがある人、自分の将来のビジョンがはっきり見えてる人ってすごいね。否、自分は必死さが足りなかったのかな…ちょっとでも障害あったら、回避してしまったり。
興味を持ったことにはチャレンジして行こう。それで自分の世界が広がるし、可能性も広がる。行動範囲も。昔は22歳なんてすんげぇ大人だ!なんて思ってたけど、いざなってみると、何が変わったんだか…何にでも手を出して可能性を広げて行かなきゃ、あっという間にこのまま何も変わらず30歳になってまう。 時間は有限だ。毎日を有効に有意義に過ごせますように。
[PR]
by msmallhawk | 2005-12-16 04:01
<< 温泉・カニ旅行 山形はおいしい >>